ダイエーが複合商業施設第1号、総合スーパーを転換

(読売新聞 - 10月28日 22:32)
 ダイエーは28日、総合スーパーだった「ダイエー海老名店」(神奈川県海老名市)を全面改装した複合商業施設「ショッパーズプラザ海老名」をオープンした。

 ダイエーが総合スーパーを、外部の専門店が多数入居する複合商業施設に転換するのは初めてで、店舗活性化のモデルケースとして注目される。

 新施設にはダイエー直営の食品スーパー「グルメシティ海老名店」と45の専門店が入居する。新規のテナントも、ファーストリテイリングの低価格衣料品店「ジーユー」や、子供服専門店、古着専門店など18店を数える。

 経営再建中のダイエーは昨年から、食品部門強化と、外部テナントの積極導入による店舗の活性化を進めている。今回は直営売り場を従来の約半分にする大型改装となった。
[PR]
by 323232mn | 2006-10-29 00:42 | ショッピング


<< <携帯電話>ソフトバンクが受け... 市原隼人「天使の卵」自信の舞台... >>