<   2006年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

YouTubeの合法性を改めて考える

(ITmedia - 11月26日 18:25)
YouTubeは合法なのか――著作権侵害で訴えられる一方で、テレビ局やレコードレーベルとも次々に提携し、違法コンテンツの削除にも力を入れるYouTubeは、著作権法に照らして“OK”なのだろうか。

 配信プラットフォームとしてのYouTubeの合法性を、日米の著作権法に照らして改めて考えるセミナーが、11月24日にTMI法律事務所で開かれ、著作権法に詳しい五十嵐敦弁護士が説明した。

 YouTubeには、テレビ番組の一部や音楽のプロモーションビデオなどが権利者に無断で数多くアップされている。ただ違法コンテンツをアップしたのはYouTubeではなくユーザーであり、「権利侵害の主体」はYouTube自身ではない。
[PR]
by 323232mn | 2006-11-26 23:21 | インターネット関連

健康にクエン酸


クエン酸を日光堂
でかいました。重曹もやすいです。
[PR]
by 323232mn | 2006-11-26 23:19 | ショッピング

虐待死した子らへの祈り、市民団体が追悼集会

(読売新聞 - 11月11日 20:52)
 児童虐待問題に取り組む福祉関係者らで作る市民団体「児童虐待防止全国ネットワーク」は11日、虐待死した子どもたちの冥福(めいふく)を祈る追悼集会「虐待死した子どもたちへの鎮魂の祈り」を都内で開いた。

 集会後、参加者約400人は虐待防止を訴えながら都内をパレードした。

 同ネットワークが新聞報道などで集計した結果によると、昨年1年間で、虐待死が判明した児童は全国で27人。集会では、「泣きやまないことに腹を立てた母親に頭を踏みつけられた」「食事を与えられずに放置された」など、1人1人の死亡時の状況が紹介され、参加者は黙とうして早すぎる死を悼んだ。

 集会後、児童虐待の防止をアピールする「オレンジリボン」を胸に付けた参加者が、児童相談所や子育て支援施設などの充実を求める声明文を配りながら、都内を歩いた。
[PR]
by 323232mn | 2006-11-11 23:54 | その他

◎ネット動画で暴力告発=米FBIが警官を調査

(時事通信社 - 11月11日 15:01)
 【シリコンバレー10日時事】米連邦捜査局(FBI)は10日までに、ロサンゼルス市警の警官が逮捕時に被疑者へ過剰な暴力を振るった恐れがあるとして、調査に乗り出した。問題発覚のきっかけは、動画投稿サイト「ユーチューブ」に流された逮捕時の映像。人気サイトが、権力の不正行為を市民が告発できる新手段として力を帯びてきた。


軽井沢デリヘル佐久


 20秒弱の映像には、警官2人が男性を押さえ付けた後、片方の警官が顔を執拗(しつよう)に殴り続け、男性が「息ができない」と叫ぶ姿が生々しく映されている。男性には、窃盗容疑で逮捕状が出ていた。 
[PR]
by 323232mn | 2006-11-11 23:51 | その他